560days 閑雲録

焦りと体調不良

天候のせいもあってか体調はなかなかに悪かった。

なんとかまだ生きてはいる。しかし復活の兆しを見せていた感情は倦怠感の悪化とともに動かなくなっているのを感じる。

湧き出る感情は世間で言うところの前向きなものとは真逆だ。俗世間に合わせて生きるのに向いてないし、かといって独自路線を突き進むほどの意欲もなくなっている。

自分自身はそれだダメだとは思うわけでもなく、それが本心なんだなぁと傍観している。

たまたま面談があり、担当営業に正直に健康問題が好転せず悪化している旨を伝えた。一瞬ためらったが、黙って潰れて迷惑をかけるよりはマシだろうし同じ轍は踏むわけにはいかないと判断した。

予定を入れてそれを生きる糧としているがいつまでモチベーションを保てるだろうか。

投稿日