閑雲録

孤独であれ

他者によって封印されていた自我は、コントロールしていた者への怒りとともに封を解かれた。

俺をコントロールしていた者と絶縁してからおよそ半年が経ち、安定はしないものの、感情のブレ幅は少なく平穏に過ごせる日も徐々に増えてきた。

これも構ってくれるひとたちのおかげだと感謝している。

実は先日一つ歳を重ねたのだけれど、誕生日前後は普段抑えているがひどく、とにかく意識しないように普段通りであろうとした。

誰にも今日がその日であることは言わなかったし、SNSでもそのことについては一切言及しなかった。

結局、気を抜けばに襲われ苦しんだが、数日経過し落ち着いてきた。

倦怠感にも悩まされているが、それでも徐々に動けるようになってきた。数年以内に達成したいことがあるのでこれは良い傾向に思う。

カウンセラーに対する不信感は依然根強く、相談することはもちろんのこと愚痴をこぼすということもあまりない。

投稿日