第二海堡上陸

リンゼペンギンと巡る第二海堡

朝もはよから三笠公園にやって参りました。

2021-06-20_001.jpg 今日もの目的は三笠ではありません。これより船に乗って目的地へ移動します。中の人に代わってリンゼペンギンがご案内。 2021-06-20_002.jpg 目的地へ向かう途中、潜水艦救難艦「ちよだ」が近くを航行していました。レアな艦種ですね。 2021-06-20_003.jpg 目的地が近づいてきました。 2021-06-20_004.jpg 目的地へ上陸します。もうお分かりかもしれませんが、今回の目的地は「第二海堡」です。第二海堡は明治時代に作られた人工島で元は帝国陸軍の洋上砲台でした。 2021-06-20_005.jpg いつか上陸したいと思っていましたが、なかなかその機会に恵まれませんでしたが、ついに上陸を果たしました。 2021-06-20_010.jpg 灯台の発電用ソーラーパネルの下に砲台の基礎部分がありました。 2021-06-20_006.jpg よくわかっていないという見張り台のような遺構。 2021-06-20_007.jpg 階段あるし、望遠鏡を駆使して見張ってたんでしょうね。電探ぇ・・・。 2021-06-20_008.jpg 灯台の下あたりにやって参りました。おそらくこの辺りは海だったのでしょうが、護岸工事で埋め立てられていました。 2021-06-20_009.jpg ときおりレンガの遺構を目にしました。砂利の多い昔のコンクリートですね。 2021-06-20_011.jpg 遺跡のような遺構がありました。元々地下にあったのか埋もれてしまったのかは分かりませんが、猿島や千代ヶ崎砲台でみた弾薬置き場のような作りでした。 2021-06-20_012.jpg いくつも小さな部屋がつながっていて広さはそこそこあるし、当時灯りはランタンやろうそくだったでしょうから夜は結構不気味だったかもしれませんね。 2021-06-20_013.jpg 日数も時間も限られているとはいえ、ようやく観光目的で上陸できるようになりました。 2021-06-20_014.jpg 灯台を間近で見るのはずいぶんと久しぶりのような気がします。 2021-06-20_015.jpg これにてリンゼペンギンと行く第二海堡ツアーは終わり。また機会があったら行ってみたいですね。