560days 閑雲録

偏頭痛

ここ数日偏頭痛で苦しんでいた。

あまり時間はないも関わらず体調が崩れっぱなしで、案件が思うように進まない。

体調が原因で進まないのはわかっているので、自罰的にならないようにはしているがそれで少なからずストレスになっている。
本来ではあれば学習の時間を取りたいのだが、思い倦怠感がそれを許さない。やる気がないとかそういうものではない。

根性論ではどうにもならないのだ。この辛さは絶対にわからないので議論の余地がない。
無理解による生き辛さを一方的にプレゼントされるだけだ。受け取る気は無いから持ち帰れといえば必ず激昂する。

面倒臭い・・・眼前から消えてくれないかな。どうにかしてタダ働きさせようとするが見え見えだ。 あの詐欺師との付き合いで唯一得られたのは、言葉巧みに浅ましさをすぐ見抜けるようになったことだろう。 マイペースで進めるしかない。ただ時間は限られている。

日曜の午後から痛み始めた頭は一向に治らず、あまりの気持ち悪さに朝から吐いてしまい、仕事はもちろん外出どころではなかった・・・。吐いたら幾らか気分が良くなったのでなんとか病院へ行き薬をもらって服用し、仕事も休んで静養に努めた。
その甲斐もあって改善はしたが完全には回復しておらず頭が痛い・・・。

苦しいはずなのだが、まぁ仕方ないかと放置している自分がいる。まだどこかセルフネグレクトの傾向にある。書いていてすごくたいして気持ち悪い感情がわいてきた、こういうポエム臭いのは気持ち悪いからやめよう・・・気持ち悪し意味もない。

投稿日