h2014-12-31.jpg

2014を振り返ってみる

朝からカフェに来て、今年を振り返るべくこうして文章を書いています。

まぁ結論から言うと、万年厄年を自負してる私ですが、それが冗談では済まないくらい最低の1年でした。よくこうして生きて1年を振り返れているのが不思議なくらいです。

始まりは年があけてすぐでした。娘のようにかわいがっていた愛犬のくるみを突如病気で失い、その喪失感から生きる気力を失ってしまいましたのです。

悲しみは癒えることなく、原因不明の倦怠感と不眠症を患い、倦怠感から仕事でもミスを連発し、自分を責め更にストレスをため更に倦怠感が悪化するという負のスパイラルにはまってしまいました。不眠症と倦怠感、虚無感はひどくなる一方で、一時期は自分の存在は人に迷惑をかけるだけでしかないのでいっそうのこと...と思い詰めた時期もありました。

今では倦怠感はいくらか改善されましたが不眠症は改善せず、今も薬なしではまともに寝ることもできません。

そんな中、学生時代に飼い始め今は実家に預けていた猫の椎菜も腎臓病が原因で11月に他界。私がかわいがった子たちはみんな旅立ってしまい、それは私の虚無感を増幅させるだけでした。

精神的なショックで体調を崩し、仕事でも同僚に迷惑をかけてしまい、本当に申し訳なく思っています。そこはなんとか今年いっぱいで気持ちを切り替え引きずらないようにしたいと思っています。

唯一幸いだったことは、別ればかりではなく今年は新たな出会いがあったということです。 12月にtwitterやらFacebookで知り合った人たちのオフ会「関西忘年会」に誘っていただきそこで新たな出会いがありました。この出会いは今後も大切にしたいと思います。

総括すると何かとつらい一年でしたが、倦怠感は症状が改善傾向にあるので、あまり深く考えすぎず、なるべくストレスをためないようにし、不眠症の改善に努めたいと思います。

2015年がどんな年になるかわかりませんが、今年よりはマシな一年になればなぁと思っています。

こんなへたれなオッサンですが、来年もよろしくお願いいたします。

投稿日
カテゴリ