【jQuery】jquery.validate.jsの覚書

MovableTypeのプラグイン「メールフォームプラグイン」を使ってお問合せフォームを作ったのですが、このプラグインデフォルトのバリデーションチェックでは仕様を満たすことができなかったので、jquery.validate.jsで対応することにしました。

各種設定方法は参照先を見るとして、とりあえず自分が行った作業を振り返っておこうと思います。

メールフォームプラグイン

jquery.validate.jsの超訳

利用したパラメータ

required: true
必須項目にしたい項目に設定
email: true
メールアドレスのチェックを行うときに設定
groups:
姓・名と入力を分けた場合、それぞれでエラーメッセージを表示されるのですが、、エラーメッセージをまとめて表示させたい場合はグループ化させるとよいみたい。
messages:
表示するエラーメッセージを設定する
errorPlacement:
エラーメッセージの表示位置をある程度制御できるみたい

例えば、kanji_familyもしくはkanji_lastのテキストボックスの内容に入力漏れがあった場合、class="kanji_error"の場所に、エラーメッセージが表示されます。

jsの設定

フォームの設定

必須項目が空白だったり、ありえない形式のメールアドレスを入力した場合エラーメッセージが表示されました。これは便利ですね~。

投稿日
カテゴリ