Tripwire設定ファイルの内容

参考にさせていただいたサイト様の設定値のまま設定を完了させたのですが、意味がわからないのも気持ち悪いので調べることにしました。

「ROOT」から「LOCALKEYFILE」に各ファイルの格納先アドレスが記載されており、「EDITOR」から「MAILNOVIOLATIONS」の各項目でそれぞれ設定するようです。

デフォルトの設定値は下記の通り

[root@localhost ~]# vi /etc/tripwire/twcfg.txt
ROOT          =/usr/local/tripwire/sbin
POLFILE       =/etc/tripwire/tw.pol
DBFILE        =/usr/local/tripwire/lib/tripwire/$(HOSTNAME).twd
REPORTFILE    =/usr/local/tripwire/lib/tripwire/report/$(HOSTNAME)-$(DATE).twr
SITEKEYFILE   =/etc/tripwire/site.key
LOCALKEYFILE  =/etc/tripwire/localhost.localdomain-local.key
EDITOR        =/bin/vi
LATEPROMPTING =false
LOOSEDIRECTORYCHECKING =false
MAILNOVIOLATIONS =true
EMAILREPORTLEVEL =3
REPORTLEVEL   =3
MAILMETHOD    =SENDMAIL
SYSLOGREPORTING =false
MAILPROGRAM   =/usr/sbin/sendmail -oi -t
投稿日
カテゴリ