横浜防災フェア2018で巡視船いずを見学

いつもは海上自衛隊のおふねを見学しに行ってますが、珍しく海上保安庁の巡視船の一般公開にやってまいりました。

巡視船いずと巡視船ぶこう 天気が良すぎてすぐにのどが渇くというね・・・。

巡視船いず阪神・淡路大震災の教訓をもとに、大規模災害発生時に現場指揮所となるための指揮通信設備や、被災地への救援物資運搬能力などを備えた「災害対応型」の巡視船として建造されたそうです。

巡視船ぶこうくにがみ型巡視船の「ぶこう」、「もとぶ」から改名。離島警備を想定して建造されたようですね。

巡視船いず特に並ぶことなく乗船。

舵年季の入った舵。

艦橋から前部甲板を望む艦橋からみなとみらいを望む。

医務室災害対応型というだけあって

「消防艇 よこはま」と「消防艇 ひりゅう」「消防艇 よこはま」「消防艇 ひりゅう」の放水訓練展示を実施するというアナウンスがあったので後部甲板へ移動しました。

「消防艇 よこはま」「消防艇 ひりゅう」の放水訓練展示「消防艇 よこはま」「消防艇 ひりゅう」による放水訓練展示。

動画も撮ってみましたよ。

投稿日
カテゴリ