h2014-12-28-001.jpg

なんとなく猿島要塞へ行ってきました

結局のところ今年は何回横須賀に来たことか・・・。

2014-12-28-001.jpg まさか年末に来ることになるとは思いませんでしたが、猿島が元要塞ということを今更知ったのでそれは是非見てみたいと思い訪れた次第。大久野島も、もう一度行ってみたいと思っていたりもします。

2014-12-28-002.jpg 猫様がお出迎えしてくれました。

2014-12-28-003.jpg なでなでしてやるぅ。

2014-12-28-004.jpg 図らずもちょうどいい時間に来たようで、あまり待つこともなく猿島行の船に乗れました。反対側から見る三笠はなかなか新鮮ですね。

2014-12-28-005.jpg 猿島が見えてきました。

2014-12-28-006.jpg 猿島到着。サルの絵がかいてあるけど、サルがいるというわけではなさそう。

2014-12-28-007.jpg 道なりに歩いていると、早速切通がありました。

2014-12-28-008.jpg 要塞として運用するために一部補強したみたいですね。

2014-12-28-009.jpg 兵員宿舎。ここは2階建てになっていました。要塞としては明治時代に陸軍によって作られ、砲台には加濃砲が設置されていたようです。
関東大震災後使われなくなり、その後海軍が加濃砲mの代わりに高角砲を設置して運用したようです。説明が「○○と思われます。」っていうのが多かったので、実際どんなふうに運用されていたか明確な資料が残ってないのでしょう。大久野島同様、極秘扱いだったのかもしれませんね。

2014-12-28-010.jpg 二階の窓

2014-12-28-011.jpg 弾薬庫跡

2014-12-28-012.jpg 弾薬庫跡

2014-12-28-013.jpg しばらく道なりに歩いていくと...。

2014-12-28-014.jpg 煉瓦で作られたトンネルがありました。

2014-12-28-015.jpg ここにもいくつか弾薬庫跡と思われる個所がありました。

2014-12-28-016.jpg弾薬などを砲台に運ぶための階段と思われます。

2014-12-28-018.jpg トンネルを抜けるとまた煉瓦作りのトンネルがありました。

2014-12-28-019.jpg 右手にはトンネルとこれまた弾薬庫跡が・・・。

2014-12-28-020.jpg トンネルを抜けると道沿いに砲台跡がいくつかありました。 2014-12-28-021.jpg 2014-12-28-022.jpg

2014-12-28-023.jpg 砲を固定していたと思われるボルトがまだ残っていました。

2014-12-28-024.jpg 海岸沿いに出ると石を積み上げた跡があり、途中崩れてなくなっていましたが、向こうまで続いていたのでしょう。

2014-12-28-025.jpg ここも何かしらの砲台だったのでしょうか?機銃座くらいは設置できそうですが、大口径の砲はおけそうにありませんね。

2014-12-28-026.jpg 砲台跡。

2014-12-28-027.jpg ここのトンネルは先ほどの弾薬庫につながっているようです。

2014-12-28-028.jpg 坂道を上っていくと、見張り台のような建物が見えてきました。そう、これが通称「ショッカーの秘密基地です」

2014-12-28-029.jpg 秘密基地内を覗いてみる。

2014-12-28-030.jpg 仮面ライダーの初代ショッカーの秘密基地としてロケで使われたことで有名な建物のようです。秘密基地にしては若干小さいような気がしないでもないですがw

2014-12-28-031.jpg 建物自体そんなに大きくないですね。島の高台に設置してあるあたり、やはり当時は見張り台として運用していたのではないかと思います。

2014-12-28-032.jpg 砲台跡。ここが一番大きい砲台跡でした。奥に弾薬を運ぶための通路?が見えます。

2014-12-28-033.jpg およそ1時間かけて島を1周してきました。

2014-12-28-034.jpg ああ、これね。イングレスのイベント。そういえば船乗るときにイングレスしてるお兄さんがいたなぁ。
自分は艦これおじさんだからどうでもいいのだけどw。

2014-12-28-035.jpg 大久野島もそうでしたが、こうしてみる単なる島にしか見えませんね。各施設が外側から見えないように工夫してあるあたり流石だなと思いました。

2014-12-28-036.jpg 夕日を浴びる三笠もまたいいですね。というわけで、思い付きで出かけた猿島でしたが、なかなか面白かったです。

投稿日
カテゴリ