h2014-09-06-201.jpg

J2湘南vs松本を観戦

松本山雅は長野に住んでいる頃、北信越1部リーグからJFLへの昇格、J2への昇格の瞬間を見てきたチームなのでサンフレッチェの次に思い入れのあるチームです。とは言うものの、観戦しに行ってもいつも中立的な立場で見ていました。私はあくまでもサンフレッチェのサポーターを公言してますのでw。

丁度、大鯨カレーを食べに横須賀へ行った帰りに横浜にいる友人に、湘南vs松本を見に行かないかと誘ったところ、偶然にもその試合を見に行く予定で、既にチケットを購入しているとのことだったので、急いで当日券をコンビニで購入して便乗させてもらうことになりました。

松本と言えばサポーターが熱狂的で、関東くらいだったら普通に貸し切りバスとかでどっちがホームかわからないくらいサポーターが集まるので、それを考慮して早めに現地へ・・・。
開場、試合開始まで4時間くらい待ったかいがあったのか、わりといい位置で観戦することができました。

友人はJ2事情に詳しかったので、試合開示前に湘南のディフェンスラインに注目して見るようアドバイスを受けていたので、そこを松本がどう対応するか注目して見ることにしました。ええ、今回も中立的な立場での観戦です。

1位と2位の対決と言うこともあり、予想通り松本から多くのサポーターが駆けつけたようです。 2014-09-06-201.jpg

試合の方ですが、湘南はディフェンスラインを相手陣内まで押上げ、ボールを試合するのですが、ゴール前でのパス交換が多く、ディフェンスを崩しきらない限り積極的にシュートを余りうたないといった印象でした。
それでも前半11分、コーナーキックからヘッドで押し込み湘南が先制、これに対し松本は前半18分フリーキックからヘッドで折り返したところをこれまたヘッドで押し込み同点に。

この後のゲームは湘南がゲームを支配するもフィニッシュの精度がわるく、松本はこれに助けられたような気がします。
松本はゴールキックを9番の選手にあわせようとするものの空中戦で勝てず、全然攻撃の起点になっていませんでした。
また、松本は湘南の戦術にはまってしまい全員が引いて守る為、いざボールを持っても選手が全員が自陣に固まっているのでカウンターをしようにもボールを出す選手がいないと行った場面が見受けられました。

結局この後、互いに決めきれず1−1のドローでゲームは終了となりました。
J2では頭一つ抜け出している湘南ですが、フィニッシュの精度を上げないとJ1では通用しないような気がします。

2014-09-06-202.jpg 試合後の選手の表情を見るに松本としては、引き分けでよかったという印象を受けました。
このまま、このチームが順位を維持し続ければ自動昇格でJ1へあがってきます。そうのときはアルウィンにサンフレッチェサポーターとして乗り込みますよ。今はその日を楽しみに待ちたいと思います。

この試合を観戦していて一つわかったことは、この試合をコントロールした主審が両チームのサポーターからものすごく嫌われているということです・・・。

投稿日